老眼_運転が不安

老眼で夜間の車の運転が苦痛になってきた方に効果的な4つの対策

更新日:

老眼で夜間の車の運転が苦痛になっていませんか?
この記事は、そんな悩みをお持ちの方へ向けてお届けしています。


私も40代半ばくらいから、夜間の運転が非常に怖くなりました。
これも年齢とともに進行する”老眼”の影響かもしれません。


「夜間の運転が怖いなら、運転しなければ良いじゃないか」
と、友達や親戚の方々に言われることがあります。


しかし、田舎に住んでいると、日常生活の移動に車はかかせないモノです。
住んでいる家の近くのバス停までは遠いですし、バスの便数はほとんどありません。


また、今は受験を控えている子供の塾の送り迎えで、どうしても夜間に車を運転することになります。


「どうすれば、老眼でも夜間の運転が苦痛に感じなくなるんだろう?」
そう思った私は、夜間の運転が楽になる方法を調べてみることにしました。


この記事では、私と同じように「老眼で夜間の運転が苦痛になってきた方へ向けて、
夜間の運転が少しでも楽になる効果的な4つの対策をお伝えしていきます。

夜間の車の運転が苦痛に感じるポイント

夜間の車の運転が苦痛に感じる3つのポイントがあります。

1.対向車のライトがまぶしい
2.目立たない人(黒い洋服の人)は見落としやすい
3.雨の日はライトが地面に反射してまぶしい

1~3の中で、あなたに思い当たる節はありますか?

最近、やけに対向車のライトがまぶしく感じることはありませんか?
昔はなんとか認識できていた“黒い洋服の人”を見落としていませんか?
雨の日は地面から反射する光がまぶしくて、前を見れなくなったりしていませんか?


いずれの場合も、大きく4つの対策に分けることができます。

夜間の車の運転の対策1:眼科で検診を受ける

夜間の車の運転が苦痛に感じる場合、老眼が出てきた場合があります。
老眼なのかどうか、ハッキリとさせるためにも、眼科で検診を受けた方が良いでしょう。


特に重要なのは”視力の検査”ですね。


老眼が進むに連れて、視力も落ちていきます。
視力が落ちると車の運転は非常に危険です。


運転免許証更新の時の”視力検査”に合格(パス)できない可能性も出てきます。


また、目に異常が起きていないかの検査も重要です。
特に心配なのが白内障や緑内障などの目の病気です。

発見が遅れると、最悪の場合”失明”してしまうことも考えられます。
早期発見のためにも、眼科で検診を受けた方が良いですよ。

夜間の車の運転の対策2:車を買い換える

夜間の車の運転の対策として、車を買い換えを検討する時期かもしれません。


最近の車は、ヘッドライトが高性能なモノになっているので、
あなたの夜間の車の運転をサポートしてくれます。


特に便利なのは、暗いところを自動で認識する「オートハイビーム機能」です。
ハイビームを自動で切り替えてくれるので、対向車を気にする必要はありません。

オートハイビーム機能が備わっている車への買い換えを、検討してみてはいかがでしょうか?
オートハイビーム機能は段々と普及してきていますので、中古車でも備わっている可能性はありますよ。

夜間の車の運転の対策3:対向車のライトがまぶしい場合

夜間の車の運転で対向車のライトがまぶしい場合、あなたの運転が原因である可能性も考えられます。


たとえば、こんな事が考えられます。

◎車線の右よりを走っている
◎視線の中心がセンターラインよりになっている

どちらも自分では気づきにくい事です。
無意識のうちになっている可能性もあります。

対策としては、教習所でも習った通り「キープレフト」を実践しましょう。
センターラインよりに走るのではなく、少しだけ歩行者側よりに走ると良いですよ。

また、夜間の運転の対向車のライトがまぶしい場合は、歩行者側に視線を移すのも一つの手です。
視線が対向車(センターライン)よりになっていると、余計にまぶしく感じてしまいますので。

夜間の車の運転の対策4:老眼の進行を遅くする

老眼は、目の老化現象によって現れる症状です。
今のままでも、歳を重ねるに連れて老眼は進行していきます。


老眼の進行を遅らせるには、ルテインの効果が期待できると言われています。


老眼の進行を遅らせるためには、”目の中で活性酵素が発生するのを抑えること“が重要です。


活性酵素とは、文字通り「活性化された酵素」のことで、酸化力が非常に強いです。
活性酵素によって目の中の細胞が酸化すると、目の病気の原因につながるそうです。


目の中の活性酵素を発生させる原因として”紫外線”やスマホやパソコンなどから発せられる”ブルーライト”があります。


ルテインは、紫外線やブルーライトの有害な光を吸収したり、
有害な光によって発生した活性酵素を除去してくれる抗酸化作用があります。


つまり、私達の目を守るために必要な栄養素がルテインです。


ルテインはカロテノイドと言われている天然色素の一種で、緑黄色野菜に多く含まれています。
ルテインが多く含まれている緑黄色野菜は、「ほうれん草」や「ケール」などがあります。


もともと。ルテインは、私達の体の中に存在していますが、年齢とともに減少していきます。


40歳をさかいに、ルテインは急激に減少し、50歳では若い時のルテイン量とくらべて、なんと約半分に減ってしまいます。


ですので、何もしないでいるとルテインは体から減っていく一方です。
ほうれん草やパセリなどの緑黄色野菜を意識して、食事に摂り入れるのが良いでしょう。


しかし、1日に必要なルテイン量は約6mg以上と言われています。
これは、緑黄色野菜だけでは絶対に摂りきれません。


ほうれん草の場合は約4,4株、パセリの場合は約12本です。
これだけの量を、あなたは毎日に食べられますか?


ルテインの効果を効率的に得るためには、ルテインが含まれているサプリメントを試してみるのも良いと思いますよ。



ルテインのサプリメントは、薬局などで市販されてはいますが、
添加物が多く含まれていて、体に悪影響を及ぼす可能性もあると言われています。


もし、ルテインのサプリメントをお試しする場合は、
国の専門機関で認定された、やわた(八幡)の「メラックスeye」が安心ですよ。


全額返金保証も付いているので、おためしで飲みやすいサプリメントです。
念のため、公式サイトをご案内しておきます。


<<やわた(八幡)「めばえ」の公式サイトはこちらです>>

【TV放映中!機能性表示食品】ルテイン25mgの高配合!やわたのメラックスeye(アイ)


夜間の車の運転の対策まとめ

老眼の方に向けて、夜間の車の運転の対策を4つご紹介してきました。
特に”対策3”は、今日からでも実践できると思います。是非、お試し下さい。


老眼は年齢とともに進行していく症状です。
決して止めることができない、人間の老化現象です。


今はハッキリと見えていても、数カ月後や数年後は、目の前に靄(もや)がかかってしまう可能性もあります。


老眼の進行は止めることはできませんが、遅らせることはできると言われています。
目に良い栄養素と言われているルテインを摂り入れるなどして、目の健康を保っていきませんか?


視界がハッキリしていると、夜間の運転も苦痛に感じにくくなります。
旅行先で美しい景色を見ることができたり、大切なあの人、孫の顔をハッキリと見えると幸せですよね。

【TV放映中!機能性表示食品】ルテイン25mgの高配合!やわたのメラックスeye(アイ)

老眼ドライバーにオススメの記事

1

老眼で夜の運転が見え難くて怖いんです 老眼は夕方~夜になると、途端に見え難くくなりますよね~。 特に、「夜の運転は見え難くくて不安・・・」と感じてお困りではありませんか? 老眼になると、目のピント調節 ...

2

無料モニター先着50名様 MRフタワソニックのおかげで、車の運転が楽しくなりました。 1日1回10分で視力が回復するって、凄くないですか?     私が『老眼』とわかってから、まず ...

3

年齢とともに夜間の車の運転が『ツライなぁ・・・』と、感じることがありますよね。 ◎「対向車のライトがまぶしい!」 ◎「黒い洋服の人は見落としちゃう」 ◎「雨の日はライトの光が地面に反射して厄介!」 こ ...

-老眼_運転が不安

Copyright© 老眼で夜の運転に不安を感じる方へ , 2018 AllRights Reserved.