老眼_運転が不安

老眼の人は運転用に常用できる老眼鏡(遠近両用眼鏡)がオススメです

更新日:

ppp_cyairoihushinomegane_tp_v

老眼の人で「老眼鏡を車の運転に使えるようにしたい」と考えている人が多いですね~。

老眼鏡は、手元に焦点を合わせるメガネなので、
車の運転のように、遠くを見る場合は用途が異なります。

では、車を運転するときも老眼鏡を使いたい場合は、どうやって老眼鏡を作った方が良いの?
今回は、運転用に常用できる老眼鏡について説明します。

老眼鏡をかけたままの運転は危険?!

そもそもな話になりますけど、

老眼鏡をかけたままの運転は危険です。



車の運転で良く見るところといえば、
信号機や通行人、道路標識など遠くの場所です。


老眼の人のほとんどは、近くのものがボヤーッと見えづらく、
そのため、遠くのものをみる車の運転は直接影響するというわけではありません。


老眼鏡は、近くのモノを見るために焦点を合わせているので、
遠くのモノをみる車の運転には適していません。とっっても危険です!


また、老眼による車の運転の影響は、近いところを見る時です。


◎カーナビやエアコンなどの手元で操作する時
◎メーター類(スピードメーター)を見る時
◎バックミラーやサイドミラーを見る時


このような場合の時だけ、老眼鏡を使うようにするのがベストです。
老眼鏡は車内に持ち込むだけで、運転する時は外したほうが良いでしょう。

車の運転用に常用できる老眼鏡とは?

でも、車を運転する時だけ老眼鏡を外して、それ以外は老眼鏡をするのも面倒ですよね。


なので、車の運転用に常用できる『遠近両用眼鏡』を作ってみてはいかがでしょうか?


遠近両用眼鏡とは、レンズの部分が特殊に加工されていて、


◎遠距離:上半分が遠距離用のレンズ
◎近距離:下半分が近距離用のレンズ


このように、上半分と下半分で度数を変えているのが遠近両用メガネです。


遠距離用と近距離用のレンズが2つあることで、
視線によって使用するレンズを変えることができます。


遠くを見る場合は、視線が上にくるので遠距離用のレンズを使用するため、
運転中に遠くが見えないことはありません。


また、近くを見る時は視線を下に落とすので、近距離用のレンズを使用するため、
カーナビやエアコンなどの近くのものを操作するときに役立ちます。

遠近両用眼鏡は車の運転に向いていない?

一見便利そうに見える遠近両用眼鏡ですが、
車の運転には向いていないと言われることもあります。


というのも、”視線の位置によって使えるレンズが変わる”からです。


遠近両用メガネは、視線がまっすぐになっていることが前提条件になります。
なぜなら、視線によって遠距離用のレンズと近距離用のレンズを使い分けるからです。


例えば、シートを倒して運転している人がいますが、

シートの倒し具合によっては、
レンズの上半分が見えないため遠距離が見えにくくなってしまいます。



この場合は、シートを真っ直ぐにすれば、レンズの見え方に違和感が少なくなるんですが、
シートを真っ直ぐにすると運転しづらい人も居ますよね・・・。私がそうです。



このような場合は、
遠近両用眼鏡は車の運転に向いていない場合があります。


最近は、普通のレンズよりも1~2万円ほど値段が高くなってしまいますが、
近距離も遠距離も自然に見えやすいレンズもあります。


車の運転も、日常生活でもメガネ1本で済ませたい人は、
お近くのメガネ屋さんで相談してみてください。



私は、ちょっと無理をして遠近両用眼鏡を作りました。


運転するときも、普段の生活でも、
眼鏡1つで生活できるのは便利ですね~。


いちいち眼鏡をかけ直すのって、やっぱり面倒くさいです(汗
手間を考えれば、遠近両用眼鏡は安いかな~って私は思いました。

>>楽天で購入できる便利な遠近両用眼鏡はコチラ

老眼ドライバーにオススメの記事

1

老眼で夜の運転が見え難くて怖いんです 老眼は夕方~夜になると、途端に見え難くくなりますよね~。 特に、「夜の運転は見え難くくて不安・・・」と感じてお困りではありませんか? 老眼になると、目のピント調節 ...

2

無料モニター先着50名様 MRフタワソニックのおかげで、車の運転が楽しくなりました。 1日1回10分で視力が回復するって、凄くないですか?     私が『老眼』とわかってから、まず ...

3

年齢とともに夜間の車の運転が『ツライなぁ・・・』と、感じることがありますよね。 ◎「対向車のライトがまぶしい!」 ◎「黒い洋服の人は見落としちゃう」 ◎「雨の日はライトの光が地面に反射して厄介!」 こ ...

-老眼_運転が不安

Copyright© 老眼で夜の運転に不安を感じる方へ , 2018 AllRights Reserved.