老眼_運転が不安

運転免許証更新の視力検査が不安!もし不合格になったらどうなるの?

更新日:


運転免許証を更新する時に、あなたが必ず合格しなければならないのが”視力検査”です。
この記事は、「運転免許証更新の視力検査に不合格になった場合どうなるのか?」について、まとめています。



あなたは運転免許証更新について、こんな事を思っていませんでしたか?
「運転免許証の更新は、教習のビデオを見て、写真撮影されれば良いんだろ?」

残念ながら、運転免許証を更新するには、必ず”視力検査”に合格しなければなりません。


万が一、運転免許証更新の視力検査に不合格になったら、どうなるかご存知でしょうか?
「普通に運転できてるし、絶対合格できるから大丈夫でしょ」


そんな事を、あなたは思っていませんか?


この記事では、運転免許証更新の視力検査に不合格になった場合どうなるのか
そして、運転免許証更新の視力検査に、少しでも合格しやすくするにはどうしたらよいのか。


これから運転免許証の更新を控えている方へ向けて、お届けしていきます。



運転免許証更新の視力検査で不合格になったらどうなるの?

運転免許証更新の当日に、視力検査で不合格になってしまったら・・・。
「もしかして、運転免許証が失効されて、車を運転できなくなっちゃうの!?」


そんな風に、視力検査に合格できなかったらと考えると、
なんだか運転免許証更新が凄く不安になってきますよね。


”まずは安心してください。”


万が一、運転免許証更新の視力検査が不合格になっても、
その場で運転免許証が失効されることはありません。


しかし、運転免許証更新の視力検査は”交通安全保護”のために実施しています。
当然ですが、視力検査に合格できなかった場合はスムーズに免許証を更新することはできません。


運転免許証更新の視力検査に落ちてしまった場合、
あなたには2つの選択肢が与えられます。

1.しばらくしてから視力検査の再検査を受ける
2.後日、視力検査の再検査を受ける


もちろんですが、運転免許証の更新日までに視力検査に合格しないと、運転免許証は失効します。


ちなみに運転免許証の有効期限内であれば、何度でも視力検査の再検査を受けることができます。必ず有効期限内での合格を目指した方が良いでしょう。


万が一、有効期限内に合格できなくて、運転免許証を失効してしまった場合、運転免許証の失効後の6ヶ月以内に、免許証の更新を再申請して視力検査に合格すれば、運転免許証を再取得することができます。


ただし、運転免許証の再取得のために講習を受ける必要があるため、通常の運転免許証の更新よりも時間がかかります。


なお、運転免許証の失効後の6ヶ月を過ぎてしまうと、もう一度、運転免許試験を受ける必要性があります。


また、運転免許証更新のために支払った証紙などは、視力検査が不合格になった場合は返却されます。(”交通費”は自腹なので、返却されません)


つまり、運転免許証更新で視力検査に合格できなかったとしても、お金を払いすぎることはありませんので安心です。

運転免許証更新の視力検査の合格基準は?

運転免許証更新の視力検査の合格基準は、「免許の種類」によって違います。
また、「両目」と「片目」のそれぞれに基準が設けられています。

運転免許証更新の視力検査の合格基準一覧
(※2017年2月の情報です)

【原付バイク・小型特殊自動車】
両目:0.5以上
片目:0.5以上かつ、視野が左右150度以上


【普通第一種・中型第一種(8t限定)・二輪・大型特殊】
両目:0.7以上(ただし左右の目が0.3以上であること)
片目:0.7以上かつ、視野が左右150度以上


【大型第一種・中型第一種・けん引・第二種】
両目:0.8以上(ただし左右の目が0.5以上であること)
片目:左右どちらかの目が0.5未満の場合は不合格とする

老眼の方は運転免許証更新の視力検査に合格できない?

「老眼の方は運転免許証の視力検査に合格できない」
という噂を聞くことがありますが、老眼でも運転免許証の視力検査に合格できます。

老眼の症状にもよりますが、遠くがハッキリと見えていれば大丈夫でしょう。
先程ご紹介した、視力検査の基準値を超えていれば問題ありません。


こちらの記事に、老眼の私が“運転免許証を無事に更新できた体験記”を残してあります。
よければ、ご参考まで覗いてみて下さい。
>>【実体験!】老眼でも運転免許証の更新の視力検査は合格できます

これでバッチリ!運転免許証更新の視力検査対策!

最後になりますが、運転免許証更新の視力検査に向けて、いくつか対策をご紹介します。

「運転免許証更新の当日に不合格になってしまった場合の対策」と、「運転免許証更新までにできる対策」を、それぞれまとめてみました。

運転免許証更新の視力検査に不合格にならないように取り組んでみて下さい。

運転免許証更新の視力検査に不合格になった場合の3つの対策

1.遠くの物体を見るようにする
運転免許証更新を待つ間、スマートフォンや本を見たりしていませんでしたか?
近くのものに焦点が合いすぎている可能性があります。
なるべく遠くのものを見ることで、一時的に視力を回復させることができます。

2.ホットアイマスクや目薬などで目を休める
ホットアイマスクや目薬などで目を休ませてあげると、一時的に視力が回復する可能性があります。疲れた目をゆっくりと休ませてから、視力検査を受けてみましょう。
運転免許証更新にホットアイマスクや目薬を持っていくと、役に立つ機会があるかもしれませんね。


3.眼精疲労を取り除き視力が回復するツボを押す
付け焼き刃な対策かもしれませんが、眼精疲労を取り除いて視力を回復させるツボを押して見るのも1つの手です。

こちらの動画を参考に、眼精疲労を取り除くツボを押してみてください。


運転免許証更新の視力検査までに対策できること

運転免許証更新の視力検査までに時間がある方は、なるべく目に疲労が溜まらないように生活するのが良いでしょう。


また、”紫外線”やスマートフォンやパソコンなどから発せられる”ブルーライト”は、目に疲労が溜まる原因となります。


スマートフォンやパソコンの使用を控えるのも重要ですが、ブルーライトの光から目を守ってくれる「ルテイン」を摂り入れてみるのも良いでしょう。


ルテインは、紫外線やブルーライトの有害な光を吸収したり、有害な光によって発生した活性酵素を除去してくれる抗酸化作用があります。


もともと。ルテインは、私達の体の中に存在していますが、年齢とともに減少していきます。特に40歳をさかいに、ルテインは急激に減少し、50歳では若い時のルテイン量とくらべて、なんと約半分に減ってしまいます。


ですので、何もしないでいるとルテインは体から減っていく一方です。


ルテインは緑黄色野菜の「ほうれん草」や「ぱせり」から摂取することができますが・・・、1日に必要なルテイン量を摂取するためには、ほうれん草の場合は1日に約4,4株、パセリの場合は1日に約12本食べる必要があります。


これだけの量を、あなたは毎日に食べられますか?


ルテインを効率良く摂取するなら、サプリメントの力に頼ってみるのも1つの手です。


ルテインのサプリメントは、薬局などで沢山の種類のモノが市販されていますが、添加物が多く含まれていて、体に悪影響を及ぼす可能性もあると言われています。


もし、ルテインのサプリメントをお試しする場合は、国の専門機関で認定された、やわた(八幡)の「メラックスeye」が安心ですよ。


実際にサプリメントを飲んでみると、最初はあんまり分からないんですけどね。
時間が経ってから、そういえば効いてるなぁ~って思います。

目が疲れたな~って思ったらルテインが配合されているサプリメントを飲んでみてください。
プロドライバーの方もルテインが配合されているサプリメントを飲んでいるみたいですよ。

ルテインが配合されているサプリメントは、やわたメラックスeyeがオススメです。
【TV放映中!機能性表示食品】ルテイン25mgの高配合!やわたのメラックスeye(アイ)

老眼ドライバーにオススメの記事

1

老眼で夜の運転が見え難くて怖いんです 老眼は夕方~夜になると、途端に見え難くくなりますよね~。 特に、「夜の運転は見え難くくて不安・・・」と感じてお困りではありませんか? 老眼になると、目のピント調節 ...

2

無料モニター先着50名様 MRフタワソニックのおかげで、車の運転が楽しくなりました。 1日1回10分で視力が回復するって、凄くないですか?     私が『老眼』とわかってから、まず ...

3

年齢とともに夜間の車の運転が『ツライなぁ・・・』と、感じることがありますよね。 ◎「対向車のライトがまぶしい!」 ◎「黒い洋服の人は見落としちゃう」 ◎「雨の日はライトの光が地面に反射して厄介!」 こ ...

-老眼_運転が不安

Copyright© 老眼で夜の運転に不安を感じる方へ , 2018 AllRights Reserved.