老眼_夜の運転の影響

老眼の夜間運転はまぶしい!!対策方法は?

更新日:

stocksnap_02m3pyn888


年齢とともに夜間の車の運転が『ツライなぁ・・・』と、感じることがありますよね。


◎「対向車のライトがまぶしい!」
◎「黒い洋服の人は見落としちゃう」
◎「雨の日はライトの光が地面に反射して厄介!」


このようなお悩みを抱えている方は、あなただけではありません。


私も”老眼”と分かってから、夜間の車の運転が「ツライなぁ~」、「不安だなぁ~」と感じるようになりました。


特にツライのは、


『対向車のライトがまぶしい!』


と感じるようになったことです。


対向車のライトがまぶしいと、
目の前が”パーっ”と白くなってしまい、目の前が全く見えません(汗


目の前が見えない運転って、とても恐ろしいですよね・・・。
夜間の車の運転で、対向車のライトがまぶしいと感じるだけで、


◎人、1人の命を絶ってしまうかもしれない・・・
◎対向車のライトがまぶしくい時に、人が突然飛び出てきてしまったら・・・


そうやって考えるだけで、
恐怖で脚がガタガタと震えてしまいます。


できれば、夜の外出を控えて、
なるべく夜間は車を運転しないようにできれば良いのですが・・・。


電車やバスの通っていない環境にお住まいの方は、
なかなか、そう言うわけにはいきませんよね・・・。


そこで、「老眼で対向車のライトがまぶしい!」とお悩みのあなたへ。


老眼ドライバーの私が、夜間に車を運転する時の「工夫」や「対策」をお伝えします。
今日からでも簡単にできますので、是非お試しください。

老眼の夜間運転がまぶしく感じられる原因は?

そもそも、老眼の方が、
夜間の運転で”まぶしい!”と感じてしまう原因ですが、


目のにある”虹彩筋”と呼ばれる筋肉が、
加齢の影響で動きにくくなっているからです。



”虹彩筋”とは、黒目のまわりにある”茶色い部分のこと”で、
目に入る”光の量を調整する筋肉”です。


虹彩筋は、自分の目を鏡で見て観察してみるとわかりやすいですよ~。
明るい場所では瞳孔が小さくなります。逆に暗いところだと瞳孔が大きくなります。


いわゆる、カメラの機能の”しぼり”です。


虹彩筋は明暗を感じ取って、
瞳孔を閉じたり開いたりすることで、光の量を調節しています。


つまり、対向車線を走っている車のヘッドライトを見た際に、


”まぶしい!”



と感じてしまうのは、
”虹彩筋”の動きが悪くなっている可能性があります。


ただし、あまりにも対向車線の車のヘッドライトが”まぶしい!”と感じる場合は、
『白内障』の可能性があります。


白内障とは、年齢とともに目の中にある”水晶体”が白く濁ってしまう目の病気です。
水晶体が”まだら”に濁ってしまった場合、目に入ってきた光が上手く屈折しなくなったり、光を反射してしまいます。


目に入る光が上手く屈折できずに、光を反射してしまうと、
『外に出ると目を開けていられない!』という症状が現れる人も居ます。
>>白内障とは?


『”老眼”だから、夜間の車の運転で”まぶしい!”と感じているんだ!』

と、自分で判断せずに、早めに眼科のある病院での受診をオススメします。

老眼で不安な夜間運転の対策は?

とは言え、忙しい毎日を過ごしている方は、今すぐ病院には行けませんよね(汗


そこで、老眼の方が少しでも夜間の運転の不安解消できるように、
夜間運転の対策方法をお伝えします!

眼鏡をかけて運転してみる

老眼の方の多くは、近くはボヤケて見えないけれど、
遠くはハッキリと見えているから、眼鏡無しで運転しちゃえ!


と、考えている方がいらっしゃいます。
老眼でお悩みのあなたも、眼鏡無しで運転していませんか?


そんな危ないことをしていると、
いつか交通事故をおこすかもしれませんよ・・・。


目の状態は日によって違いますので、
毎日安心してハッキリと遠くが見えるとは限りません。



また、夕方~夜にかけては、目の疲れが溜まってしまい、
視力がガクッと落ちてしまいます。


できることなら、運転用の眼鏡を用意しておくと、
いつでもハッキリと見えるので、車の運転も安心できますよ~。


私も、車の運転専用の眼鏡を購入しました。
車の中に、常に1本眼鏡が入っているので、車を運転する時にサッとかけています。

運転専用の眼鏡をかけていれば、
目の疲れに左右されにくいので、運転の不安も少しはなくなりました。
>>運転専用の眼鏡とは?


その他にも、『運転技術を工夫したり』『日常生活に気をつけたり』することも、老眼で夜の運転の不安を解消するコツです。

老眼の方が運転技術を工夫するには?

【運転技術を工夫して不安を解消するには?】

◎車間距離を少し長めにとる
◎スピードを出しすぎないこと
◎サイドミラーやルームミラーをいつもより多く確認する


老眼の方が日常生活で気をつけたい点

【日常生活に気をつけて運転の不安を解消するには?】

◎老眼に良いとされるブルーベリーを食べる
◎目に良いとされるルテインが配合されているサプリメントを服用する
◎長時間パソコンやスマホを見ないようにする
◎目の周りをマッサージして目の疲れをやわらげる


運転技術の工夫は今日からでも取り組むことができるので、
もし老眼で夜の運転が不安な方は参考にしてみてください。


日常生活でも、長時間パソコンやスマホを使わないなど、
ちょっとした工夫で、夜の運転の不安を和らげてくれます。


また、サプリメントを飲んで”眼を元気にしておく”と、
夜になっても視界が”ボヤけたり”、”かすんだり”しにくくなるのでオススメです。

老眼の症状は放っておくと悪化する場合もあります。

これ以上、老眼で夜の運転に不安を抱えてしまう前に、交通事故をおこしてしまう前に、
日常的に目をケアしてあげましょう。

実際にサプリメントを飲んでみると、最初はあんまり分からないんですけどね。
時間が経ってから、そういえば効いてるなぁ~って思います。

目が疲れたな~って思ったらルテインが配合されているサプリメントを飲んでみてください。
プロドライバーの方もルテインが配合されているサプリメントを飲んでいるみたいですよ。

ルテインが配合されているサプリメントは、やわたメラックスeyeがオススメです。
【TV放映中!機能性表示食品】ルテイン25mgの高配合!やわたのメラックスeye(アイ)

老眼ドライバーにオススメの記事

1

老眼で夜の運転が見え難くて怖いんです 老眼は夕方~夜になると、途端に見え難くくなりますよね~。 特に、「夜の運転は見え難くくて不安・・・」と感じてお困りではありませんか? 老眼になると、目のピント調節 ...

2

無料モニター先着50名様 MRフタワソニックのおかげで、車の運転が楽しくなりました。 1日1回10分で視力が回復するって、凄くないですか?     私が『老眼』とわかってから、まず ...

3

年齢とともに夜間の車の運転が『ツライなぁ・・・』と、感じることがありますよね。 ◎「対向車のライトがまぶしい!」 ◎「黒い洋服の人は見落としちゃう」 ◎「雨の日はライトの光が地面に反射して厄介!」 こ ...

-老眼_夜の運転の影響

Copyright© 老眼で夜の運転に不安を感じる方へ , 2018 AllRights Reserved.